お手入れ方法 エコカラット

日常のお手入れ方法 エコカラットは、乾いた布、きれいな布で清掃をしてください。

汚れは乾いた布、きれいな布で拭き取り清掃をしてください。
水拭きや、直接水をかけての水洗いは避けてください。

お手入れ方法の図

ホコリなどが気になった時には使いすてタイプのハンディモップなどで軽くホコリを取るようにします。

お手入れ方法の図

手あかや鉛筆汚れなど、ちょっとした汚れはプラスチック消しゴムでこすり落とせます。

お手入れ方法の図

クロスや木材に比べてヤニはつきにくく、目立ちにくい素材ですが、喫煙頻度に応じて固く絞ったきれいな布による清掃をおすすめします。

汚れや染みがついたとき(漂白剤・綿棒を使用)

汚れや染みがついたときの図 ※洗剤・漂白剤をご使用の際は、使用上の注意をあらかじめよく読んでからご使用ください。

注意事項 付着した場合落としにくい汚れがあります。下記のものは付着しないようにご注意ください。

落としにくい汚れ

落としにくい汚れの図

お手入れ注意点

  • 乾いた布や綿棒での清掃の際に、汚れを広げてしまう場合があります。必ず目立たない場所で試してから清掃してください。
  • 汚れがひどい場合や、付着してから長時間経過した汚れの場合、上記のお手入れ方法で落ちない場合があります。
    汚れが付着した場合、速やかに拭き取ってください。
  • たばこのヤニは黄色くなるまでこびりつくと取り除くことが難しくなります。こまめなお手入れをおすすめします。
使用不可のお掃除道具の図

お手入れ方法 エコカラットプラス

日常のお手入れ方法 エコカラットプラスは、水拭きや洗剤で清掃が可能。毎日のお手入れが簡単になりました。

汚れはきれいな布による水拭き清掃をしてください。
直接水をかけての水洗いは避けてください。

  • 一般家庭用洗剤を使用すると、清掃性が高まります。
  • 部分的な汚れはメラミンフォームを使用すると、効果的に汚れを落とすことができます。
  • メラミンフォームと洗剤を併用することでさらに清掃性が高まります。
お手入れ方法の図

注意事項 付着した場合落としにくい汚れがあります。下記のものは付着しないようにご注意ください。

落としにくい汚れ

落としにくい汚れの図

お手入れ注意点

  • 清掃時汚れや洗剤が側面や裏面にまわらないようにご注意ください。必要に応じて綿棒などをご使用ください。
  • 汚れがひどい場合や、付着してから長時間経過した汚れの場合、上記のお手入れ方法で落ちない場合があります。
    汚れが付着した場合、速やかに拭き取ってください。
  • たばこのヤニは、黄色くなるまでこびりつくと取り除くことが難しくなります。こまめなお手入れをおすすめします。
  • 製品の側面に汚れが付着した場合は、一般家庭用洗剤を歯ブラシなどにつけて、速やかに汚れを除去してください。
    付着した汚れによっては除去できない場合があります。
使用不可のお掃除道具の図

エコカラット・エコカラットプラスにキズがついたら

キズの図

ちょっとしたキズは、専用コーキング材兼補修材「カラットコーク」や市販のタッチペンを用いて目立たなくすることができます。気になるキズの場合は、施工業者に張替えをご相談ください。

キズの図

フックやビスなどで一度穴をあけてしまうと、元には戻りません。「カラットコーク」やタッチペンにて補修してください。(見た目は完全には戻りません)

カタログのご請求

エコカラットの詳細がわかるカタログを
ご用意しております。
ご検討の際にお役立てください。

詳細はこちら

施工店のご紹介

お近くの工務店・リフォーム店が、お住まいの地域から探せます。エコカラットを施工する際の相談窓口として、お気軽にご活用ください。

詳細はこちら

ショールームのご案内

ショールームでは、実物のサンプルをご用意しております。質感や色合いの微妙なニュアンスも、実際に見てご確認いただけます。

詳細はこちら
このページをシェアする
ホーム » 商品情報 » タイル建材 » LIXIL エコカラット