ご採用の前に

エコカラット・エコカラットプラスの施工に適した下地

下地材 エコカラット・
エコカラットプラス
デザイン
パッケージ
ファブリック
プラン
条件・特徴
せっこう
ボード
せっこうボード(GB-R)
強化せっこうボード(GB-F)
厚さ 9.5mm 以上、プラスターボードとも言う
厚さ 9.5mm 以上、防火性が高い
シージングせっこうボード(GB-S) 厚さ 9.5mm 以上、水まわり下地では不可、多湿な場所は可
合板 普通合板
構造用合板
厚さ 9mm 以上 I類 JAS 基準 F ☆☆☆☆
厚さ 9mm 以上 特類、I類 JAS 基準 F ☆☆☆☆
[留意点] ① ホルムアルデヒド放散量 JAS 基準 F ☆☆☆☆の合板を使用してください。
② ニオイを嗅いでみて異臭がしないことを確認してください。
③ 反り防止のため、ビス留め間隔は 150mm 以下とし、胴縁間隔は 303mm 程度としてください。
④ 軽量鉄骨下地の場合、スタッド間隔は 303mm 程度とし、下地の縦横ジョイント部にジョイントテープ(FATAPE-100/(株)LIXIL)を張り付けてください。
繊維強化
セメント板
ケイ酸カルシウム板 比重 1.0、厚さ 6mm 以上
[留意点] 軽量鉄骨下地の場合、スタッド間隔は303mm程度とし、下地の縦横ジョイント部にジョイントテープ(FATAPE-100/(株)LIXIL、別途手配)を張り付けてください。
セメント系 コンクリート+モルタル下地 303角、303×455角については、0.5~1mmの隙間をあけてください。
または、せっこうボードGL工法下地をつくってください。
押出成形セメント板
ALCパネル
パネル内に割り付けてください。
◎ 適しています
◯ 適しています。留意点があります。
☓ 適用できません
※ いずれも面精度は±1.0mm/2m以内としてください。 ※ 合成下地の場合は、エアータッカーが必要です。
※ デザインパッケージの中に、ジョイントテープは含まれません。
※ ファブリックプランは、RC下地には施工できません。

推奨クシ目一覧・張付材標準使用量

エコカラット・エコカラットプラス 推奨クシ目 張付材
標準使用量
ラフクォーツ、ラグジュアリーモザイク、ブルックリンボーダー、グラナスライン、グラナスヴィスト、グラナスラシャ、グラナスルドラ、ファンシーモザイク、レイヤーミックス、キルト、ランド、パールマスク、ペトラスクエア、ヴィーレ、カッセ、クシーノ、フェミーナ、ファインベース、スプライン、シルクリーネ、たけひご、ニュージュラク、グラナスヴァーグ、グラナスハルト、ラフソーン、ロックⅡ、ストーンⅡ、トラバーチン、アレッシュ、ニュートランス 3mmクシ目 1.0kg/㎡
ストーングレース、ビンテージオーク、アンティークマーブル、Rスリット、スプリングエア 5mmクシ目 1.5〜2.0kg/㎡
クロニカ 5mmクシ目平押え 1.5〜2.0kg/㎡

リフォームなど既存仕上げに施工する場合のご注意

既存壁が壁紙仕上げの場合

下地 既存仕上げ 施工方法
セメント系下地 壁紙 壁紙をはがして施工
ボード系下地 壁紙がビニル系(フッ素、EB等の撥水系表面処理品を除く)、布系の場合 壁紙の上から施工可能
上記以外 壁紙をはがして施工
※ タッカーで補強してください。
※ 表面がひどく汚れていたり、壁紙が所々はがれている場合は、壁紙をはがして施工してください。
※ 壁紙の材質、表面加工の有無がわからない場合も壁紙をはがしてください。
※ 詳細な情報は、エコカラット・エコカラットプラス施工マニュアルをご覧ください。

既存壁が壁紙以外の仕上げの場合

通常の仕様での張り付けはできません。下記対処をお願いします。
既存仕上げ 対処法
塗材・吹付け ボードの捨て張り、もしくは塗材をはつる
漆喰、せっこうプラスター塗り ボードの捨て張り
鉄板 ボードの捨て張り
タイル イナメントボーイRE/(株)LIXILで施工
石(大理石、テラゾなど) ボードの捨て張り
れんが、コンクリートブロック モルタル下地作成後、
イナメントボーイRE/(株)LIXILで施工

共通注意事項

  • 水がかりや汚れが心配される場所では、
    清掃性を高めた「エコカラットプラス」をお使いいただくことをおすすめします。
  • 公共トイレや商業施設の水まわりにご使用になる場合は、
    清掃性を高めた「エコカラットプラス」をお使いいただくことをおすすめします。

  • <エコカラット・エコカラットプラス共通>
  • 浴室・キッチンバックには使用できません。下記の施工可能な部位をご確認ください。
  • 下地の状態(不陸など)によってエコカラット間に数mm程度の隙間があく場合があります。
  • RC下地に施工する場合、0.5〜1mm程度の隙間をあけて施工しますので、仕上がりイメージが施工写真と若干ことなる場合があります。
  • 壁面の断熱が十分施されていない気密性の高いRC造の建物内でガスストーブを燃焼するなど、連続して室内を加湿するような環境下において、エコカラットのみではRC壁面での結露制御が難しい場合があります。他の方法も併せてご検討ください。
  • エコカラットは、部屋の使用条件・気象・換気などの条件により、十分な効果が発揮できない場合があります。
  • カビやダニが発生・繁殖しないことを保証するものではありません。通気の悪いところでは、定期的な窓開けなど十分な換気対策をお願いします。カビが発生した場合は、塩素系漂白剤でのメンテナンスをおすすめします。
  • 養生テープなど粘着力の強いテープを用いた場合、表面を傷める原因となりますので、使用しないでください。
  • 白を基調としている色番は、汚れには十分注意して施工してください。
  • 光の当たり方によっては、場所により見え方に違いが出る場合があります。

  • <エコカラットプラスのみ>
  • 水道から直接水がかかる場所など、常時水がかかったり、水がたまったりする場所には使用できません。
  • 公共トイレの腰壁にご使用の場合、床面をモップなどで清掃すると、接触で表面が損傷したり、汚れたりする場合があります。
    必ず幅木(高さ100mm以上)を入れてモップなどの清掃具が当たらないようにしてください。
  • 小端部に汚れが付着した場合は、一般家庭用洗剤を歯ブラシなどに付けて速やかに除去してください。
    付着した汚れの種類によっては除去できない場合があります。

エコカラット・エコカラットプラスの施工可能な部位

エコカラット・エコカラットプラスの施工可能な部位の図

エコカラット・エコカラットプラスの施工が不可能な部位 ※水がかりのある場所には施工できません。

エコカラット・エコカラットプラスの施工が不可能な部位の図

エコカラット・エコカラットプラスの推奨施工面積

空間全体の調湿効果を発揮する目安として、その空間の床面積の1/4 以上の壁面積に施工いただくことをおすすめしています。

使用部屋 リビング 寝室 子供部屋 洗面室 トイレ
12畳(19.4㎡程度) 8畳(13.0㎡程度) 6畳(9.7㎡程度) 2畳(3.3㎡程度) 1畳(1.6㎡程度)
施工面積目安 4~6㎡ 3~4㎡ 2~3㎡ 1~2㎡ 1㎡

※ 天井高を2.5mとして算出しています。
※ 推奨面積はあくまでも目安で、いずれのお客様に対しても施工後の効果は保証しておりません。
  通気の悪いところでは、定期的な窓開けなどの十分な換気対策をお願いします。

カタログのご請求

エコカラットの詳細がわかるカタログを
ご用意しております。
ご検討の際にお役立てください。

詳細はこちら

施工店のご紹介

お近くの工務店・リフォーム店が、お住まいの地域から探せます。エコカラットを施工する際の相談窓口として、お気軽にご活用ください。

詳細はこちら

ショールームのご案内

ショールームでは、実物のサンプルをご用意しております。質感や色合いの微妙なニュアンスも、実際に見てご確認いただけます。

詳細はこちら
このページをシェアする
ホーム » 商品情報 » タイル建材 » LIXIL エコカラット