施工情報

施工材料・工具

接着剤

接着剤の画像

原料としてホルムアルデヒド・トルエン・キシレンなどの溶剤や可塑剤を使用していません。

接着剤のインフォメーション

① スーパーエコぬーるG 20㎏
ECN1G-20KG
20㎏樹脂ペール缶
11,400円/缶

② スーパーエコぬーるG 5㎏
ECN2G-5KG
5㎏樹脂缶
5,500円/缶

③ スーパーエコぬーるG 1㎏
ECN3G-1KG
1㎏樹脂パック
1,300円/本

主成分:アクリルエマルジョン
接着剤に色(ライトグレー)がついており、目地部から見える下地が目立ちにくく意匠性を損ねません。
使用場面に合わせて1㎏、5㎏、20㎏入りをご用意しています。
※ 接着剤は1kgあたり1㎡が目安です。
(3mmクシ目の場合)
オープンタイム:夏場20分、冬場30分

接着剤(天井用)の画像
接着剤のインフォメーション

イナメントRC-S (天井張り付け用)
RC-S1
2,700円/本

主成分:変成シリコーン樹脂
天井張り付け用の専用接着剤も
ご用意しました。
※1㎡あたり1.7本が目安です。
オープンタイム:夏場30分、冬場60分

専用工具 エコカラットプラスのL字やコの字カット、孔あけ加工ができます。

カラットホイール80

カラットホイール80
DW-80ECO
10,800円/枚

電動工具には日立集じん丸ノコC 4YA2(N)を推奨します。切口がシャープに仕上がり、集じん機への接続が容易です。ハンドカッター(マキタ 4104BASPなど)にも装着は可能です。

使用上のご注意
切断時の下敷きには発泡ポリスチレンフォームなどをご利用ください。合板は焼けるので使わないでください。

楽省スペーサー〔t0.3mm〕

楽省スペーサー〔t0.3mm〕
ECT-S
890円/ケース
36枚入/ケース

施工時の目地調整がしやすく仕上がりも向上。

ロータリーカッター

ロータリーカッター
36B
1,400円/本

エコカラットの直線加工ができます。

トリマビット

トリマビット
ECTB-3D
2,800円/本

φ3mm
トリマ3706BSK(マキタφ6mm→φ3mmのアダプタ付き)か、またはトリマ3707Fにφ6mm→φ3mmのアダプタ6(マキタ品番322067-1)を装着してご使用ください。

ハンマタッカーステープル

ハンマタッカーステープル
(ステンレス製・幅10mm・400本/ケース)
1010J-S(400)〈足長10mm〉
2,200円/ケース
1008J-S(400)〈足長8mm〉
2,200円/ケース

壁紙の上から施工する場合、壁紙の剥がれ防止に使います。

3mm くし目ヘラ

3mm くし目ヘラ
IKH-3N
11,000円/ケース
10個/ケース

くし目高さ3mmの樹脂製くし目ヘラです。

スターターキット ECT-P7 直線切断やL字加工ができる工具セットです。

スターターキット ECT-P7

スターターキット
ECT-P7
10,900円/ケース

① ロータリーカッター
直線加工ができます。

② グリッドソー
L字切断に使います。

③ スケール付切断台
けがき作業が不要で寸法取り
加工ができます。

④ 切断ガイド付定規
ロータリーカッター用定規、
細い切り物の折り板になります。

⑤ L字切断定規
L字切断用に使います。

⑥ サンドペーパー
切断部の仕上げに使います。

⑦ 加工マット
トリマー加工時の防塵に使います。

⑧ 楽省スペーサー〔t0.3mm〕
施工時の目地調整に使います。

⑨ スターターキットケース

エコカラットプラス・エコカラット施工方法《接着剤張り工法》

Step 1: 下地の確認

図

事前に下地の不陸をチェックします。不陸がひどい場合はパテなどで下地補修します。くぎ、またはねじ頭が下地表面から突き出ないようにしてください。

図

壁紙の上から直接エコカラット・エコカラットプラスを施工する場合は、必ずタッカーで約455㎜ピッチにて補強を行ってください。

Step 2: 下地の確認

図

墨出しは、下げ振り、水平器を使い、水平・垂直の基準墨を出します。

図

割り付ける際、端部に小さな切り物が入らないようにします。養生シートを床に敷いて、汚れや傷がつかないようにしてください。

Step 3: 下地の確認

図

直線カットはペンシルカッター、またはプラ板用カッターやロータリーカッターで傷を付け、割ります。

図

直角な架台などの上で、面全体を押さえて押し割るか、両手で持ち折ることでも割れます。

図

切断面はサンドペーパーなどで研磨します。

Step 4: 下地の確認

図

専用接着剤(スーパーエコぬーるG)をクシ目コテを用い、下地全面に塗りつけます。

図

水平・垂直墨に合わせ、塗布した接着剤にクシ目コテでクシ目を立てます。

※ 商品により推奨クシ目が異なります。

1回あたりの塗布面積は、1.5㎡以下にしてください。張付け作業時間は、接着剤塗り付け後、夏場15分、冬場30分を目安としてください。

Step 5: 下地の確認

図

割付けに基づいてエコカラット・エコカラットプラスを、手でもみ込むように圧着で張っていきます。目地は、商品の仕様に合わせて調整してください。

※ 使用するエコカラット・エコカラットプラスにより、突き付けて張るものと目地調整が必要なものがあります。 図

※ 目地部からはみ出た接着剤は、張付け後直ちに皮すき、へら等を用いて取り除いて下さい。

Step 6: 下地の確認

図

全体を張り終えたら仕上がりの検査を行い、汚れなどがある場合は取り除いてください。

図

手あか程度であれば、プラスチック消しゴムで落とせます。接着剤がエコカラット表面に付着した場合は、硬化する前に湿ったウエスなどで拭き取ってください。拭き残した部分が硬化してしまった場合は、家庭用洗剤を吹きかけ、ティッシュやウエスで擦り取ってください。

※ 詳細な施工方法は、エコカラット・エコカラットプラス施工マニュアルをご覧ください。

カタログのご請求

エコカラットの詳細がわかるカタログを
ご用意しております。
ご検討の際にお役立てください。

詳細はこちら

施工店のご紹介

お近くの工務店・リフォーム店が、お住まいの地域から探せます。エコカラットを施工する際の相談窓口として、お気軽にご活用ください。

詳細はこちら

ショールームのご案内

ショールームでは、実物のサンプルをご用意しております。質感や色合いの微妙なニュアンスも、実際に見てご確認いただけます。

詳細はこちら
このページをシェアする
ホーム » 商品情報 » タイル建材 » LIXIL エコカラット